受動態の基本の解説

受動態の基本形

受動態は受身(形)とも呼ばれ、基本的には「~される、~られる」と言うような訳になり(be動詞+過去分詞)の形で表されます。

また、受動態という言葉とともに、能動態(のうどうたい)という言葉も理解しておきましょう。

能動態とは(~は(が)~する)のような訳で、例えば「多くの人がこの番組を見る。」のような文章になります。

簡単に言えば、受動態は、相手側から行われることで、能動態とは自分で行う感じです。



◆能動態から受動態にする時は、能動態の目的語が受動態の主語になります。

Some capable scientists use this laboratory.
              ↓
This laboratory is used by some capable scientists.
「この研究室は(何人かの)有能な科学者によって利用されています。」


◆否定文にする時は、be動詞の後ろに not をおきます。

This laboratory is not used by those scientists.
「この研究室はその科学者たちには利用されていません。」


◆疑問文にするにはbe動詞だけを主語の前にもってきます。

否定文でも疑問文でも be動詞と一般動詞があるときは、be動詞が優先されると覚えましょう。

Is this laboratory used by those scientists?


特に by の後ろが them, us, people, you など、特定の人を意味していない場合には、省略されるのが普通であり、自然です。

Engilsh is spoken (by people) in this country, too.
「英語はこの国でも話されています。」